証券会社

楽天証券で投資信託の購入・積立をするメリット・デメリット

楽天証券で投資信託の購入や積立を行うメリットは「楽天ポイントで投資信託の購入・積立が行えること」と「楽天カードで投資信託の積立が行えること」の2点です。

楽天証券の2大メリット
  • 楽天ポイントで投資信託が購入できる
  • 楽天カードで投資信託の積立ができる

普段楽天市場や楽天カードで貯めたポイントで投資信託の購入が行えるうえ、楽天カードの積立決済で積立額の1%分がポイント還元されます。そのため、この獲得ポイント分、他の証券会社よりもお得に投資信託の運用が行えます。

そこで、本記事では、これらのメリットや実際の方法を詳しく解説するとともに、注意点やデメリットを解説して行きます。また、投資信託以外の面での楽天証券の特徴も解説して行くので、口座開設を迷っている方は、ご参考ください。

楽天証券で投資信託の購入・積立をするメリット・デメリット

楽天証券で投資信託の購入・積立を行うメリット、また注意点・デメリットなどを解説して行きます。

楽天ポイントで投資信託の購入ができる

楽天証券で投資信託の購入を行う大きなメリットの一つが、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントで投資信託の購入ができる点です。様々な投資信託に100円(100 pt)から利用できます。

楽天ポイントでの運用はもちろん、ポイントの現金化のツールとしても利用できる等、他の証券会社ではできない様々なメリットがあります。

楽天ポイント投資のメリット
  • ポイントの運用ができる
  • ポイントの現金化ができる
  • 他の投資と比べてストレスが少ない
  • 節約意識が高まる

ポイントの運用ができる

楽天ポイントで投資信託を購入するメリットの一つが「ポイントを運用できる」点です。

楽天市場や楽天カードなどショッピング等で貯めたポイントを投資信託に置き換えることで、複利効果により長期の資産形成が行えます。

ポイントの現金化

楽天ポイントが現金化できる点も大きなメリットの一つです。

楽天ポイントは楽天市場や提携店舗でしか利用できないため選択肢が限られてしまいますが、ポイントで投資信託を購入し、後々売却した場合、ポイントを現金化したことになります。

ストレスが少ない

個人によって感じ方が違うかもしれませんが、ポイントで購入した投資信託なので、自分のお金で購入した投資信託と比べると、一時的な下落の時のストレスが少なくなります。

少なくとも私の場合、ポイントで購入した投資信託だから下落しても「ポイントで購入したから」と思えます。

節約意識がさらに高まる

楽天ポイントで投資信託の購入を行いたいと考える方は、すでにかなりの節約家だと思いますが、実際にポイント投資を始めると、その節約思考はさらに高まります。

ポイントが貯まれば貯まるほど投資額が増えるので、不必要なポイント出費を減らしたり、お得にポイントがもらえるキャンペーンやセールをチェックする等、私自身も節約意識がさらに高まりました。

注意点:期間限定ポイントは使えない

ポイントでの投信購入の注意点を一つ挙げると、期間限定ポイントが使えないという点です。

楽天市場や楽天カードでの利用時の通常ポイントのみ、投資信託の購入が行えますので、この点だけ注意して行きましょう。

楽天カードでの投信積立でポイントがもらえる

楽天証券で投資信託の購入・積立を行う最大のメリットが「楽天カードでの投信積立」ができる点です。

楽天証券で投資信託の積立を行い、積立決済に楽天カードを選ぶことで、積立額の1%分の楽天ポイントがもらえます。つまり、楽天カードで積立を行うと、無条件で1%分の投資利益を得ることができます。

楽天カード投信積立のメリット
  • 積立額(カード決済額)の1%分のポイント還元
  • ⇒ 貯まったポイントで投資信託の購入も可能

  • 特定口座やNISA・つみたてNISA口座にも対応
  • 上限額が月5万円(年間:最大60万円)
    ⇒ 年間で最大6,000pt

また、楽天カードで貯まったポイントは、楽天市場などでの買い物でも利用できますが、投資信託の購入にも利用することができるため、ポイントを投信の再投資に当てことで、さらに運用効率を上げることができます。

楽天カード決済による積立上限額は月5万円まで【注意点】

注意点としては、楽天カード決済での投信積立の上限額が「月5万円」である点です。

ただし、毎月5万円積立を行えば、年間で最大60万円の投資が行え、カード決済によるポイントが6,000pt貰えることになります。

また、つみたてNISAの利用を検討されている方は、上限が年間40万円になるため、毎月3〜4万円の投信積立を行えば、つみたてNISAをさらに効率的に利用できます。

ここまで解説してきたように、楽天証券での投資信託の積立に楽天カードを利用すれば、積立額の1%分のポイントが無条件で貰えます。

投資において1%のリターンをあげることは簡単なことではありませんが、楽天カードによる積立投資では、1%のリターンを確実に得ることができます。

楽天ポイントで投資信託の購入を行うこともできるので再投資することで、さらなる運用効率をあげることができます。

その他|楽天証券の投資信託サービス

楽天ポイントでの投信購入や楽天カードでの積立の他にも、楽天証券では、以下のような魅力的なサービスを提供しています。

  • 投信の保有額に応じて毎月ポイント還元
  • ノーロード投信の品揃えが豊富
  • 100円から毎月自動積立が可能

投資信託(ノーロード)の品揃えが業界最高水準

証券会社を選ぶ上で重要なポイントの一つが「投資信託の品揃え」です。口座開設後に、欲しい商品が無かったら、結構面倒です。

楽天証券の投資信託の取り扱い本数は、2,280本とSBI証券と並び業界トップクラスです。また、購入手数料が無料(ノーロード)の投資信託も1,072本とこちらも業界最高水準です。

そのため、楽天証券であれば欲しい投資信託が基本的に見つかりますし、ほぼ全ての投資信託がNISAで購入可能(つみたてNISAも可能)なので、非課税メリットの恩恵も十分に受けられます。

投信の保有額に応じて毎月ポイント還元

楽天証券では、楽天カードでの積立以外にも、投資信託の保有額に応じて、毎月ポイントがもらえます。具体的には「投資信託の残高10万円毎に毎月4ポイント」がもらえます。

ポイントは、楽天市場などの楽天サービスで1ポイント=1円として利用することもできますし、投資信託のポイント購入に利用することもできます。

最低1000円から毎月自動積立ができる

楽天証券には、毎月自動積立サービスがあります。毎月の積立日と金額、投資信託を選ぶことがで、自動的に毎月の積立ができます。積立金額は、100円以上であれば自由に選べます。

積立の決済には、楽天カードが利用でき、カード利用額(積立額)の1%分のポイントを追加でもらうことができます。

SBI証券やマネックス証券、カブドットコム証券でも自動積立は設定できますが、クレジットカードによる決済で、ポイントがもらえるのは楽天証券だけです。

注意点・デメリットは?

ここまで解説してきたように、楽天証券で投資信託の購入・保有を行うことは、かなり多くのメリットがありますが、注意点やデメリットは無いのでしょうか?

ポイントのお得度や利便性が優秀でデメリットを挙げるのが難しいですが、敢えて挙げるとすれば「投信保有時のポイント還元率がSBI証券よりも低い」点です。

ポイント還元率

投信の保有時に保有額に応じて、ポイント還元が受けられるのは、楽天証券の他、SBI証券・マネックス証券・カブドットコム証券の4社になります。

その4社のポイント還元サービスの還元率は下表にまとめたようになっており、SBI証券の投信マイレージが還元率が最も高く、利便性も高いことがわかります。

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
  • 保有額1,000万円以上で還元率2倍
  • ほぼ全ての投信でポイント適用
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
ポイント除外ファンドは少ないが、還元率が低い
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)
ほぼ全ての低コストファンドがポイント適用外
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)

通常の投資信託の場合、SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。

カブドットコム証券やマネックス証券も還元率が高いように見えますが、低コストで人気の投資信託やつみたてNISA対象の投資信託は、カブドットコム証券とマネックス証券では、ほぼ全てがポイント付与対象外となってしまいます。

また、楽天証券は還元率は最大0.048%と低還元率となるため、SBI証券(ポイント還元率:0.05%〜0.24%)での購入・保有がお得になります。

そのため、楽天証券の自動積立で楽天カード決済を利用しない方は、SBI証券での投資信託の運用の方が、ポイント還元率が高い分、お得でオススメになります。

SBI証券 公式ページ

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム「IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(10月31日まで)

SBI証券の評価・解説、キャンペーン情報は、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券で投資信託を購入・保有するメリットは?投信マイレージや他社との比較・解説SBI証券は、投資信託の購入や保有に最も適した証券会社(ネット証券)です。 業界トップクラスの投資信託の品揃えに加え、投信マイレー...

楽天証券の投信サービス【まとめ】

楽天証券では、楽天ポイントや楽天カードで投資信託の購入・積立が行える等、他の証券会社には無い多くのメリットがありました。

楽天証券投信サービスの特徴
  • 楽天ポイントで投資信託が購入できる
  • 楽天カードで投資信託の積立ができる
  • 投信の保有額に応じて毎月ポイント還元
  • ノーロード投信の品揃えが豊富
  • 100円から毎月自動積立が可能

そのため、楽天カードで投資信託を積立しつつ、貯まったポイントでも投資信託の購入を行いたい方には、楽天証券はかなりオススメです。

ただし、投資信託保有時にもらえるポイントは、SBI証券の方が還元率が良いため、ポイント投資や楽天カードによる積立を行わず、現金で投資信託の購入・保有を行う方は、SBI証券がお得でオススメになります。

ポイント
  • 毎月決まった日に自動積立したい場合 ⇒ 楽天証券がお得!オススメ!
  • その他・自分のタイミングで購入したい場合 ⇒ SBI証券がお得!オススメ!

楽天証券口座開設のメリット

最後に、投資信託サービス以外の面で、楽天証券の特徴やメリットを解説していきます。口座開設を行うか迷っている方は、ご参考ください。

特徴・メリット

楽天証券は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO、FX、先物(日経225先物など)、確定拠出年金(iDeCo)など数多くの金融商品を取り扱っている総合証券です。基本的に、楽天証券の口座を持っていれば、個人投資家が行うれあろう全ての金融取引が行えます。

また、投資・金融商品取引の利便性が高く、手数料が安い等、多くの利用メリットがあります。楽天証券と楽天銀行の連携(マネーブリッジ)で預金金利が大幅に上がる等、独自のメリットもあり、国内ネット証券としてはSBI証券に次ぐシェアとなっています。

主なメリット
  • 外国株・海外ETFの取引ができる
  • ステージ制採用のIPO抽選ルール(楽天証券のIPO)
  • 楽天銀行との連携(マネーブリッジ)で普通預金が0.1%へ
  • 日経新聞が無料で読める
  • 一般信用売りで株主優待のつなぎ売りができる

また、昨今では、少額取引(10万円以下)の売買手数料の無料化や日経新聞が無料で読めるなど、数多くのサービスを発表しており、着実に便利かつお得な証券会社となっています。

楽天証券 公式ページへ