初心者向け講座

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは?構成銘柄や特徴やS&P500との比較・解説

CRSP USトータル・マーケット・インデックスは、米国株式市場の動向を表す株価指数の一つです。

NYダウやS&P500などの米国株価指数(インデックス)と比べると、構成銘柄数が多く、大型株だけでなく、中小型株もカバーしている点が特徴です。

本記事では、このCRSP USトータル・マーケット・インデックスの特徴や構成銘柄・業種構成比、またアメリカの他の株価指数との比較を行い、さらに本指数と同等の投資パフォーマンスを上げることが期待される投資信託、そのお得な購入先などを解説していきます。

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは?

CRSP USトータル・マーケット・インデックスは、米国株式市場に上場する大・中・小型株式、約4,000銘柄から構成される株価指数です。時価総額加重平均型の株価指数で、米国の株式市場のほぼ100%をカバーしています。

米国の株価指数としては、大型株が中心の「NYダウ」や「S&P500」が有名ですが、本指数は、それらの指数と比べて構成銘柄が多く、分散性が高い点が特徴です。

組み入れ銘柄と構成比

次に、本指数の構成銘柄を見ていきます。基本的に組入上位銘柄は、S&P500の上位銘柄と同じになっています。ただし、指数に中小型株式も含まれているため、組み入れ比率が若干低めになっています。

構成銘柄トップ10

銘柄 構成比率 業種
アップル 3.4% テクノロジー
マイクロソフト 2.9% テクノロジー
アマゾン 2.8% 消費者サービス
フェイスブック 1.4% テクノロジー
バークシャー・ハザウェイ 1.3% 金融
JPモルガン・チェース 1.3% 金融
アルファベットA 1.2% テクノロジー
アルファベットC 1.2% テクノロジー
ジョンソン&ジョンソン 1.2% ヘルスケア
エクソン・モービル 1.1% 石油・ガス

S&P500と同様に、アップルやマイクロソフト、Facebookなどのハイテク企業、またバフェット氏の率いるバークシャー・ハサウェイなどがトップ10入りしています。

業種(セクター)別構成比

次に、業種別の構成比率を確認します。S&P500と同じようなセクター比率となっています。NYダウと比べると、情報技術セクターの割合が高めとなっています。

業種・セクター別構成比

業種(セクター) 構成比率
テクノロジー 20.4%
金融 19.7%
消費者サービス 13.5%
ヘルスケア 13.3%
資本財 13.0%
消費財 7.6%
石油・ガス 5.6%
公益 2.7%
素材 2.4%
通信サービス 1.8%
その他 0.0%

CRSP USトータル・マーケット・インデックスなど米国株投資信託

日本からアメリカの株式市場に分散投資できる投資信託には、以下のような銘柄があります(手数料が高いものは、表から除外しています)。

ファンド名 信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.16% S&P500
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.17% CRSP USトータルマーケット
iFree S&P500インデックス 0.225% S&P500
iシェアーズ米国株式インデックス・ファンド 0.375% S&P500


S&P500連動型投資信託(インデックスファンド)の比較・一覧

CRSP USトータル・マーケット・インデックスをベンチマークとする投資信託(インデックスファンド)には、楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)があります。手数料(信託報酬)はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)より若干高いものの、かなり割安な水準です。

ちなみに、楽天VTIは、より多くの銘柄から構成される「CRSP USトータル・マーケット・インデックス(以下、略してCRSP US)」をベンチマークとしています。

S&P500との違いは構成銘柄数の違いです。S&P500は米国の大型・中型株約500銘柄から構成されていますが、CRSP USの方は、大・中・小型株約4,000銘柄から構成されています。

ただし、両方のベンチマークの中長期のパフォーマンスを比較してみると、以下の図からわかるように、違いがわからないくらいです。そのため、ベンチマークにこだわりがない方は、手数料の安いeMAXIS Slim米国株式の方が良いでしょう。

S&P500とVTI(CRSP US)のパフォーマンスの違いS&P500とVTI(CRSP US)のパフォーマンスの違い
参考:yahoo finance

ただし、ベンチマークにこだわりがない方は、手数料が若干安いeMAXIS Slim米国株式がオススメです。手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとしてパフォーマンスを悪化させるため、手数料の安いファンドを選ぶことが重要です。

投資信託のオススメ購入先とその理由

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)などの投資信託は、以下の金融機関で購入可能です。どの証券会社で購入しても同じと思われるかもしれませんが、結論から言うと、SBI証券での購入・保有がお得になります。

SBI証券、楽天証券、SMBC日興証券、マネックス証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券

参照元:三菱UFJ国際投信

SBI証券での投資信託の購入・保有がお得な理由は、投信マイレージと呼ばれるポイント還元サービスにあります。

購入手数料は無料なので、どこで本ファンドを購入しても差がつきませんが、各ネット証券で行われている「ポイント還元プログラム」の中で、SBI証券のポイント還元率が最も高くなっています。

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。

ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、各証券会社のポイントプログラムの比較を行ったものです。SBI証券の投信マイレージが還元率が最も高く、利便性も高いことがわかります。

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
  • 保有額1,000万円以上で還元率2倍
  • ほぼ全ての投信でポイント適用
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
ポイント除外ファンドは少ないが、還元率が低い
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)
ほぼ全ての低コストファンドがポイント適用外
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)

通常の投資信託の場合、SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。

また、本ファンドは、もともとの手数料(信託報酬)が極めて安いため、ポイント還元が適用される証券会社が「SBI証券」と「楽天証券」のみとなっています。

SBI証券の還元率が0.05%、楽天証券の最大還元率が0.048%なので、SBI証券での購入保有がお得になります。

SBI証券 公式ページ

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム「IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(10月31日まで)

SBI証券の評価・解説、キャンペーン情報は、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券で投資信託を購入・保有するメリットは?投信マイレージや他社との比較・解説SBI証券は、投資信託の購入や保有に最も適した証券会社(ネット証券)です。 業界トップクラスの投資信託の品揃えに加え、投信マイレー...