S&P500連動型投資信託(インデックスファンド)の比較・一覧|おすすめ銘柄やお得な買い方も解説

S&P500に連動した投資成績をあげる投資信託(インデックスファンド)には、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)iFree S&P500インデックスなどがあります。

しかし、様々な投資信託があり、どの投資信託を選べば良いか?迷ってしまいます。

そこで、本記事ではS&P500型の投資信託を徹底比較していきます。投資信託の選び方や比較ポイント、また分配金や利回り、おすすめ銘柄に合わせて、お得な投資信託の買い方・保有方法なども解説して行きます。

S&P500に連動するオススメ投資信託は?

結論から言うと、初心者の方に最もオススメなS&P500型の投資信託(インデックスファンド)は「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」です。

S&P500型のインデックスファンドとして最も手数料が安く、毎月の自動積立や分配金の自動再投資が行えるなど、手間をかけずにS&P500と同等の投資成果をあげることができます。

また、最低100円から積立・購入ができるうえ、SBI証券で購入・保有すれば、毎月お得なポイント還元サービスが受けられます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がオススメな理由
  • 毎月の自動積立ができる
  • 分配金の自動再投資ができる
  • 最低100円から積立・購入できる
  • SBI証券での購入・保有でポイント還元
  • SBI証券公式ページ

米国ETFのバンガード・S&P500ETF(VOO)と言う選択肢もありますが、米国ETFの取引の手間や売買手数料・為替手数料を考えると、初心者の方や少額積立を行う方は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がオススメです。

以下、S&P500連動型の投資信託(インデックスファンド)を比較・解説して行きます。

S&P500に連動する投資信託の比較・一覧

はじめに、投資信託を選び方とインデックスファンドとETFの違いなど、基礎的なことを解説します。そして、その後、S&P500型インデックスファンドとETFの比較、それぞれのおすすめファンドなどをピックアップして行きます。

インデックスファンドの比較・一覧|オススメ銘柄は?

S&P500に連動するインデックスファンドは、以下の4つがあります。

ファンド名 信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.16% S&P500
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.17% CRSP USトータルマーケット
iFree S&P500インデックス 0.225% S&P500
iシェアーズ米国株式インデックス・ファンド 0.375% S&P500

S&P500型でおすすめの銘柄は「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」です。他の銘柄と比べて信託報酬が安いので、中長期で見た場合、パフォーマンスに大きな差が出てきます。

また、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、SBI証券での購入・保有で、年率0.05%のポイント還元サービスを受けることができます。

ちなみに、楽天VTIは、より多くの銘柄から構成される「CRSP USトータル・マーケット・インデックス(以下、略してCRSP US)」をベンチマークとしています。

S&P500との違いは構成銘柄数の違いです。S&P500は米国の大型・中型株約500銘柄から構成されていますが、CRSP USの方は、大・中・小型株約4,000銘柄から構成されています。

ただし、両方のベンチマークの中長期のパフォーマンスを比較してみると、以下の図からわかるように、違いがわからないくらいです。そのため、ベンチマークにこだわりがない方は、手数料の安いeMAXIS Slim米国株式の方が良いでしょう。

S&P500とVTI(CRSP US)のパフォーマンスの違いS&P500とVTI(CRSP US)のパフォーマンスの違い
参考:yahoo finance

選び方・選出基準

投資信託を選ぶ際に重要なことは手数料(信託報酬)の安さです。信託報酬は、保有している投資信託に一定の割合で徴収される手数料です。

手数料(信託報酬)が高いと、その分投資信託のパフォーマンスが悪化しますので、ベンチマークが同じファンドを選ぶ場合、手数料の安い投資信託を選ぶことが重要です。

S&P500に連動する投資信託のお得な買い方は?

最後に、S&P500への投資の実践編として、お得な投資信託の買い方や実際の購入方法を解説して行きます。

ポイント還元率が高いSBI証券がお得

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)などの投資信託は、ネット証券でシェア1位のSBI証券での購入・保有がお得です。

SBI証券での投資信託の購入・保有がお得な理由は、投信マイレージと呼ばれるポイント還元サービスにあります。

購入手数料は無料なので、どこで本ファンドを購入しても差がつきませんが、各ネット証券で行われている「ポイント還元プログラム」の中で、SBI証券のポイント還元率が最も高くなっています。

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。

ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、各証券会社のポイントプログラムの比較を行ったものです。SBI証券の投信マイレージが還元率が最も高く、利便性も高いことがわかります。

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
  • 保有額1,000万円以上で還元率2倍
  • ほぼ全ての投信でポイント適用
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
ポイント除外ファンドは少ないが、還元率が低い
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)
ほぼ全ての低コストファンドがポイント適用外
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)

通常の投資信託の場合、SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。

また、本ファンドは、もともとの手数料(信託報酬)が極めて安いため、ポイント還元が適用される証券会社が「SBI証券」と「楽天証券」のみとなっています。

SBI証券の還元率が0.05%、楽天証券の最大還元率が0.048%なので、SBI証券での購入保有がお得になります。

SBI証券 公式ページ

あわせて読みたい
SBI証券で投資信託を購入・保有するメリットは?投信マイレージや他社との比較・解説SBI証券は、投資信託の購入や保有に最も適した証券会社(ネット証券)です。 業界トップクラスの投資信託の品揃えに加え、投信マイレー...

つみたてNISAでの運用は?

SBI証券や楽天証券であれば、eMAXIS Slim米国株式やiFree S&P500インデックス、楽天VTIなどのファンドが「つみたてNISA」でも運用可能です。

非課税期間が通常NISAと比べて4倍長い「20年間」となっているので、積立を長期で行なう方は、利用を検討してみても良いでしょう。

あわせて読みたい
つみたてNISAのオススメ金融機関・証券会社【2018年版】つみたてNISAの利用者が近年増えて来ていますが、どの金融機関・証券会社で始めるか?お悩みの方も多くなっています。 手数料や利便性...

【例外】自動積立なら楽天カードで積立可能な楽天証券がお得

基本的に、投資信託の運用は「SBI証券」を選べば良いですが、例外が一つあります。それは「毎月の自動積立を行う方」は楽天証券がお得という点です。

自動積立とは、毎月の決まった日(例:月末・毎月12日など)に自動で決まった額を買付するサービスです。銘柄(投資信託)・積立日・積立金額の3つを最初に決めれば、あとは自動で毎月定額の買い付けが行われます。

では、なぜ毎月の自動積立の場合、楽天証券がお得かと言うと、楽天証券では毎月の自動積立の決済に楽天カードが利用できるためです。

楽天カードは支払額の1%分ポイント還元されますが、投資信託の決済もポイント付与対象となるので、積立額の1%分のポイントをもらえることになります。

貯めた楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物や楽天サービスの決済に1pt → 1円として利用できるため、楽天カードで積立ことで無条件で1%分の投資利益を得ることができます。

また、楽天ポイントは、楽天市場での買い物だけでなく、投資信託の購入にも利用することができるので、積立の楽天カード決済で貯まったポイントを投信の再投資に当てことで、さらに運用効率を上げることができます。

楽天ポイントや楽天カードでの投資についての詳細、以下をご参考ください。

あわせて読みたい
楽天証券で投資信託の購入・積立をするメリット・デメリット楽天証券で投資信託の購入や積立を行うメリットは「楽天ポイントで投資信託の購入・積立が行えること」と「楽天カードで投資信託の積立が行えるこ...

S&P500型投資信託の購入方法

次に、S&P500連動型投資信託の購入を行う流れや実際の手順・方法を画像付きで解説して行きます。口座開設から購入まで網羅的に解説しますので、ご参考ください。

S&P500連動型のインデックスファンドは手数料が最も安い「eMAXIS Slim米国株式」、また証券会社はポイント還元がお得な「SBI証券」を例に解説して行きます。違うファンドや証券会社も基本的には同じ流れでも購入になります。

まず、実際の購入の流れを確認して行きます。SBI証券の口座開設から購入・買付までの流れは、以下のようになっています。

買付・積立の流れ
  1. SBI証券へログイン(SBI証券 口座開設)
  2. SBI証券のログインページから投資信託のメニュー画面へ
  3. 買付方法を(金額・口数・積立・つみたてNISA)の中から選ぶ
  4. 金額や頻度(積立のみ)を指定して注文

買付の流れとしては、SBI証券へログイン後、投資信託のページへ移り、そこでファンド名(例えば:iFree S&P500インデックスファンドなど)を検索し、金額買付や積立買付などを行う流れとなります。

SBI証券で投資信託の購入予定の方で、まだ口座を開設していない方は、以下の公式ページから無料の口座開設が行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円の現金がもらえます(10月31日まで)。

また、SBI証券の口座開設方法は、以下をご参照ください。

口座開設が終わったら、SBI証券にログインします。。下図は、SBI証券ログイン後の画面ですが、ページ上部の「投信」というタブをクリックすると、投資信託のページへ行きます。

SBI証券のログイン画面から投資信託メニューへSBI証券のログイン画面から投資信託メニューへ


「投信」というタブをクリックすると、下図のような、投資信託専用ページへ移ります。このページの左にある検索窓から欲しい投信(例えば「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)など」を検索します。

投資信託専用ページで「iFree S&P500インデックス」を検索投資信託専用ページで「iFree S&P500インデックス」を検索


検索窓で「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」と検索すると、下図のようなページへ移ります。ここで「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」のリンクをクリックすると、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の買付・積立、また説明画面に移ることができます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)のリンクをクリックするeMAXIS Slim米国株式(S&P500)のリンクをクリックする


「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」のリンクをクリックすると、下図のような画面へ遷移します。ここで、eMAXIS Slim米国株式の買付方法の種類を選び、クリックします。

購入方法を選ぶ購入方法を選ぶ


ちなみに、初めて購入する場合などに、以下のように、目録見書の確認画面が出てきます。目録見書のチェックが終わったら、画面の下まで行き(スクロール)「同意して次へ」をクリックすると、それぞれの買付画面へ移動します。

初めて投資信託をチェックする場合、目論見書の確認が必要初めて投資信託をチェックする場合、目論見書の確認が必要


同意して次へ同意して次へ


金額買付

金額買付は、何円分購入するかを指定して、iFree S&P500インデックスを購入する方法です。指定した金額に合わせて、自動的に割り当て口数を購入することができます。私自身、この方法で買い付けることが、ほとんどです。

金額買付を選んだ場合、下図のような画面に移ります。購入金額や分配金の受取り方法を選んで、取引パスワードを入力後、注文する流れとなっています。ちなみに、この画面上で、つみたてNISAではない通常のNISAの買付も選択できます。

金額指定でeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の購入を行う場合金額指定でeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の購入を行う場合


積立買付を選んだ場合、下図のような画面に移ります。金額指定の買付同様に、預かり区分を選択後(通常NISAも選べます)。金額や積立頻度を選択します。

金額や頻度などを選択して積立買付を行う金額や頻度などを選択して積立買付を行う


積立頻度は、毎日・毎週・毎月など様々な方法が選べます。頻度を選んだ後は、積立時の金額と積立日を選びます。積立日は、例えば、毎月積立を選んだ場合、毎月の何日に積立を行うかを選択します。ボーナス月設定などもあります。

このような流れで、SBI証券で投資信託の購入が行えます。

SBI証券は、投資信託の他にも、海外ETFや米国株の品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、投信マイレージやIPOチャレンジポイントなど、様々な独自のメリットがあります。

口座開設費・維持費は無料ですし、今なら口座開設キャンペーンで最大15万円の現金がもらえるので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

SBI証券 公式ページ

SBI証券の詳細やキャンペーン情報は、以下をご参考ください。

あわせて読みたい
SBI証券で投資信託を購入・保有するメリットは?投信マイレージや他社との比較・解説SBI証券は、投資信託の購入や保有に最も適した証券会社(ネット証券)です。 業界トップクラスの投資信託の品揃えに加え、投信マイレー...

よくある質問

S&P500連動型の投資信託やその運用方法・購入方法に関するよくある質問とその回答をまとめて行きます。

信託報酬とは?

信託報酬とは、投資信託やETFを保有している際に手数料です。運用会社が、我々の代わりに投資信託の運用を行っているため、その手数料(コスト)が投資信託の保有時に発生します。

通常、信託報酬は「年率0.1%」のように、年率換算の手数料が発表されています。

信託報酬など投資に係る手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなり、複利効果による資産形成を妨げます。そのため、信託報酬の安い投資信託を選ぶことが重要です。

例えば、信託報酬が1%違う場合、30年後には25%(100万円以上)の差が出てしまいます(下図参照)。

信託報酬の違いによる長期投資のパフォーマンスの比較信託報酬の違いによる長期投資のパフォーマンスの比較
元本100万円を30年間、年利5%で運用した際の投資パフォーマンス。青線が信託報酬が無い場合、赤線が信託報酬が年利1%の場合のパフォーマンス

インデックスファンドとは何ですか?

インデックスファンドとは、S&P500やNYダウ、日経225などの株価指数(または債券指数)と同じ投資成果を目指す投資信託(ファンド)です。

投資信託は、指数に連動する「インデックスファンド」とそれ以外の「アクティブファンド」の2種類に区分けされます。

インデックスファンドが指数に連動する投資成績を目指すのに対し、アクティブファンドは指数以上の投資成果をあげることを目標に設定されています。

あわせて読みたい
インデックスファンドとは?メリットやデメリット、他の投資信託との違い・比較インデックスファンドとは、S&P500や日経平均株価などの指数(英語で「インデックス」)と同等の投資パフォーマンスを目指す投資信託(ファ...

アクティブファンドの方が良い?

指数を上回る投資成果をあげるのであれば「アクティブファンド」の方が良い?と言う質問もありますが、アクティブファンドは手数料が高く、手数料を差し引くと、インデックスファンドの投資成果を上回るアクティブファンドはごく少数です。

また、そのファンドが何年もインデックスファンドを上回る確率はさらに低く、例え上回り続けたとしても、そのファンドを事前に選ぶことはさらに難しく、ほぼ不可能と言えます。

そのため、投資コスト・手間・パフォーマンス全ての面で、インデックスファンドの方が初心者向けとなります。